フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

おすすめのフランス映画 第16弾

おすすめのフランス映画 16 

Bonjour!!
今回は、おすすめのフランス映画 第16弾です。

『Kirikou et la Sorcière』(キリクと魔女)1998年公開:フランス・ベルギー・ルクセンブルクの映画

 フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

ミッシェル・オスロ監督によるこの映画は、アニメーション映画としてはフランス映画史上歴代興行収入第1位の大ヒット作品です。数々の国際的な映画賞を獲得し、フランス国内だけでも観客動員130万人・興行収入650万ドルを記録しました。音楽は、セネガル出身の国際的人気歌手ユッスー・ンドゥールが手がけています。日本ではスタジオジブリがその配給をバックアップ。日本語版は高畑勲監督による演出のもと、魔女カラバ役に浅野温子さん、キリク役には神木隆之介くんが出演していますよ♪

【あらすじ / synopsis】

舞台はアフリカの村。ある日、小さな男の子が母親の胎内から自力で生まれ出てきました。そして、自分でへその緒を切ると自らキリクと名乗ったのです。彼が生まれた村は魔女カラバの恐ろしい呪いによって、窮地に立たされていました。キリクの父親や村の男たちは、魔女カラバを倒すため戦いを挑みましたが、みな彼女に喰われてしまいました。村に残っているのは、女子供と老人だけ。カラバの呪いによって村の泉は枯れ、黄金も奪われてしまい…。そんな中、キリクは“どうして魔女カラバは意地悪なの?”と村人に問いかける。その質問に“お山の賢者”だけが答えられると知ったキリクは、さっそく賢者を求めて旅をし、やがて魔女の謎を解いてゆく。

キリクが純粋で無邪気で可愛いです☆小さな身体からは想像を超えるほど、中身はダイナミック!仲間を助けたり、カラバにも勇敢に立ち向かっていきます。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

また、アフリカをモチーフとした鮮やかな色使い・細密な描画・個性的な音楽・大胆なストーリーで、子供から大人まで楽しめる印象深い作品でした。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

学校の図書コーナーにて絶賛貸出中です。ご自宅でもフランス語に触れる機会が増えるといいですね♪

DVDは日本語やフランス語に切り替えてご覧いただけますので安心して下さいね。学校には他にもDVDを揃えております。レッスンの前後に図書コーナーに立ち寄ってみて下さいね。

それでは、また(^^♪ A bientot!!