ニュイ・ブランシュ(Nuit Blanche)

ニュイ・ブランシュ(Nuit Blanche)

Bonjour!!

今回は、ニュイ・ブランシュ(Nuit Blanche)についてです。

ニュイ・ブランシュ(Nuit Blanche)とは、毎年10月の第1週末の土曜日にパリ市内のあちらこちらで多くの芸術作品が展示され、イベントも開催されます。市内約20か所で開催されるようですね、どこを訪れてもあっと驚くような新鮮な体験が待っています。

フランス語学校ジャルダン・フランセ

2002年に始まったこの現代アートの祭典は、2016年10月1日(15回目)の開催となります。広場や公園、美術館や学校など、様々な公共の場所が日没と同時に一般公開され、この日は特別に、多くの美術館・博物館が誰でも無料で見学できるのです。

フランス語学校ジャルダン・フランセ

ミステリアスで詩的な夜の雰囲気の中で、パリの町とその豊かな文化遺産を再発見することができます。”Nuit Blanche”を直訳すると、「白夜」ですが、白夜は一日中太陽が沈みません。つまりこの日だけは、夜通しで芸術イベントを楽しむことができるのです。もちろん、メトロもこの日に限り遅くまで運行しています。パリのレンタルサイクル「Velib’ ヴェリブ」を使うというのもありですね。さて、このVelib’ ヴェリブについてですが、皆さんこのようなマークを見かけたことはありませんか??

フランス語学校ジャルダン・フランセ

「Velib’ ヴェリブ」とは、パリ市とその周辺の自転車レンタルシステムのことです。町のあちらこちらに約1,700箇所もの貸出&返却スポットが設置されています。しかも、年中無休、24時間営業なのです。メトロやバス以外でも、気軽で快適に移動することができ、今ではすっかり定着しました。手続きについてですが、簡単なので安心して下さいね。まず、貸出スポットに行って、自動支払機で支払手続きをします。(ICチップ付クレジットカード)。そして、自転車をピックアップします。(ピックアップ前に、パンクや故障などの確認をして下さいね)登録料は1日1.7€、7日で8€。使用開始から最初の30分は無料です。ということは、30分以内にどこかのスタンドに一旦返却すれば、実質無料でレンタルできるのです!そして、30分を過ぎると、30分ごとに1€ずつ加算されます。(登録時に150€のデポジットを要求されますが、返却すれば問題はありません。)自転車専用道路があれば、そこを爽快に走ってください☆無い場合は、車道を走る決まりのようですが、あちらこちらに「Velib’ ヴェリブ」仲間を見かけるはずなので、大丈夫です(^^)

フランス語学校ジャルダン・フランセ

「Velib’ ヴェリブ」を利用して、ニュイ・ブランシュ(Nuit Blanche)をいろいろ見て廻ってみるのも楽しそうですね♪

フランスや世界のアーティストたちの作品を紹介することでパリに新しい一面を与え、最も純粋な現代表現の中で年と芸術を融合させる、これがニュイ・ブランシュの魔法です。更に、夜の散歩を楽しみ、文字通り風景を一変させるお届きを楽しめる機会でもあります。

フランス語学校ジャルダン・フランセ

通常なら、旅行者が夜のパリを歩くのは少し勇気が要るかもしれませんが、この日だけは特別。タイミング良くこの日にパリにいる方は、ぜひ体験してみはいかがでしょうか?また、日本でもパリの姉妹都市・京都で“Nuit Blanche”を楽しむことができますよ♪(2016年10月1日土曜開催)