フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

ル・マン24時間レース(24heures du Mans)

ル・マン24時間レース(24heures du Mans)

Bonjour!!

今回は、ル・マン24時間レース(24heures du Mans)についてです。

ル・マン24時間レースとは、フランスのル・マン近郊で行われる耐久レースです。地図で場所を確認してみて下さい!

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

24時間でのサーキット周回数を競い、ル・マン24時間耐久レースとも呼ばれています。

今年で84回目を数えるル・マンは、6月18日(土)~19日(日)に開催されます。

常設区間と公道間を組み合わせた1周13.629kmのサルト・サーキットで争われるレースです。

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

1923年に初開催された歴史あるレースのひとつで、「F1モナコグランプリ」(モナコグランプリにつての以前の記事はこちら) とアメリカの「インディ500」とともに「世界三大レース」と呼ばれています。そのため世界中の耐久レースに大きな影響を与えており、ル・マン・シリーズや世界耐久選手権の車両規定はル・マンのものに準じているそうです。

各国のメーカーが開発した最新鋭の耐久マシンを、現役のスタードライバーや若手ドライバーがドライブする姿を見ることができるのはもちろん、スプリントド ライバーで一線を退いたスター選手や「ジェントルマン・ドライバー」と呼ばれるアマチュアドライバーの走りも見ることができるのが魅力。

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

このレースでは、マシン自体の速さだけでなく、長時間に及ぶ耐久性やドライバーのテクニックなど全て面が噛み合わなければならず、もし順調にレースを運んでいたとしても、たった1つのミスでリタイアを余儀なくされる大変シビアなレースです。一度ピットを出たら1周13.6kmもあるため、もし周回途中でトラブルが起きてもメカニックが手を出せないルールがあるなんて…。そのため、1度や2度参戦しただけでは完走さえも難しいれレースと言われていて、それが世界最高峰と言われている由縁でもあるようですね。

過酷なレースに挑む姿、頼もしいですね。日本人ドライバーも何名か参戦します。ガンバレ~!!