フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

クリスマスパーティーのご案内

クリスマスパーティーのご案内

ジャルダン・フランセより皆さまにお知らせです。

当校にて 「クリスマスパーティー」 を行います!

詳細は下記となります。

場  所:フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

日  時:12月17日(土) 17時30分~20時30分

参加費:無 料

持ち寄り形式パーティーとなっております。飲み物、または食べ物を一品お持ちください!(なるべく切らなくていい食べ物をお願いしております。)

☆プレゼント交換を行いますので、500円未満のプレゼントのご用意をお願いします。(希望者の方のみ)

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

参加をご希望の場合はお早めにお申込み下さいませ。

スタッフ一同、皆さまのご参加を、お待ちしております!

お申込みは当校にて直接または、メールにて。info[at]au-jardin-francais.com

外部の方のお申込みも受け付けております!ご希望の方はこちらのページからお願いします。

ジャルダン・フランセを通して皆様との交流の輪が広がるといいですね♪

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

フランス語クイズ 第41弾

フランス語クイズ 第41弾

Combien de personnes parlent le français dans le monde?/世界のフランス語話者人口数は?

A : 70 millions de personnes
 / 7000万人

B : 550 millions de personnes
/ 5億5000万人

C : 120 millions de personnes
/ 1億2000万人

D : 270 millions de personnes / 2億7000万人

フランス語学校ジャルダン・フランセ

フランス語クイズ第41弾の答えと解説は、クイズ第42弾のブログにあります!

 

フランス語クイズ第40弾の答えと解説

(答え)B : La Joconde
/ モナ・リザ

解説:モナ・リザはレオナルド・ダ・ヴィンチによって1503年~1506年の間に描かれました。今ものなお、多くの謎が取り巻くモナ・リザは、毎日20000人以上のルーヴル美術館に訪れる旅行者によって写真撮影されています。/La Joconde ou Mona Lisa a été peinte par Léonard de Vinci entre 1503 et 1506. Beaucoup de mystères entourent encore cette œuvre qui est photographiée tous les jours par plus de 20 000 visiteurs au musée du Louvre.

フランス語学校ジャルダン・フランセ

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

半熟卵にスティック状のパンを添えて(Oeuf a la coque et ses mouillettes)

 半熟卵にスティック状のパンを添えて(Oeuf a la coque et ses mouillettes)

Bonjour!!

今回は、半熟卵にスティック状のパンを添えたフランス家庭料理の一品をご紹介します。材料もシンプルで調理方法も簡単!みなさんも、是非作ってみて下さいね(^^)

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

⇒材料(2人分)

・大き目の卵 2個

・食パン   1切れ

・バターまたはハム

 

⇒作り方

1、卵を調理の1時間前には冷蔵庫から出して常温の状態にしましょう。もしくは、料理の前に10分程、お湯に浸してもOK。

2、食パンをバトン状に1㎝間隔で切り、オーブンかフライパンで10分程焼く。

3、沸騰させた水の中に卵をスプーンを使ってゆ~っくり丁寧に入れる。弱火でピッタリ3分茹でる。

4、卵をスプーンで取り出し、各々のエッグスタンドへ置く。

5、お皿にエッグスタンド、そして横にパンを添える。

完成~ !(^^) !

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

⇒食べ方

1、ナイフで卵の上の部分を切る。塩コショウを振る。ナイフの先で卵の中の黄身を混ぜる。

2、スティック状のパンにお好みで、バターを塗るかハムをのせる。そのままゆっくり卵の中の黄身をすくうように食べます♪

3、卵の中の黄身がなくなったら、殻の内側にある白身をスプーンで食べましょう。1、で切り落とした卵の上の部分もお忘れなく。

いかがでしたか?今回ご紹介したのは基本的なレシピですので、皆さんでアレンジしてみて下さいね。

いろんな種類のエッグスタンドありますね~。オリジナルエッグスタンドも折り紙で作れますよ。日本人ならではの発想ですね(^^♪

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

これからも、ご自身でも作れるようなフランス家庭料理のレシピを当校のブログでご紹介していく予定です。

皆さんの、おすすめのレシピがありましたら、是非教えて下さいね☆

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

ボジョレー・ヌーボー2016(Beaujolais Nouveau)

ボジョレー・ヌーボー2016(Beaujolais Nouveau)

Bonjour!!

今回は、ボジョレー・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)についてです。

毎年この時期になると話題になりますね♪季節の楽しみとして、毎年世界中のワイン好きが待ちわびています。

ボジョレー・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)とはフランスの南東部・リヨンの北に位置するボジョレー(Beaujolais)で生産されるワインの新種のことです。その年に収穫された、ぶどうで最初に作る赤ワインのことで、フレッシュさが魅力です。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

解禁日は、毎年11月の第3木曜日。今日(11月17日)です♪

当初、解禁日は11月15日でしたが、この日が土日にあたるとワイン運搬業者がお休みになってしまうことを避けるため、そして早出し競争による品質低下を防ぐため、1984年より11月の第3木曜日に改訂されました。また、製造側にとってはその年のぶどうの品質を確認するという意味も持っています。

また、ソムリエなどからの評価として、毎年キャッチコピーも話題になりますね。例えば、去年のキャッチコピーは「記憶に残る素晴らしい出来ばえ」でした。この言葉に魅かれて購入された方もいらっしゃるのでは!?

そして気になる2016年の出来ばえですが、今年は、春先からの天候不順により、生育が遅れるなどの不安がありました。夏前には、フランスで大きな洪水被害も起きましたね。また雹(ひょう)の被害も今年は多く、ぶどうが100%破滅しまったところもあったそうです。その為、今年の収穫量はかなり減少しました。でも、実は収穫量と味は必ずしも比例しているわけではないのです。夏場に十分晴天が続き日が当たると、6月の雹(ひょう)や悪天候によって実が少なくなった分、栄養がしっかりと行き渡り、糖分がギュッと凝縮されたぶどうになるのです。実際今年は、夏に晴天が続き日照時間が十分だったこともあり、「摘みたて感あふれるみずみずしいワイン」との評価です。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

ボジョレー・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)の特徴は、色が鮮やかで口当たりが良くフルーティーです。冷蔵庫で少し冷やすのがおススメ。通常赤ワインは、冷やすと渋みが強調されるため、室温(15~20℃前後)が好ましいといわれますが、ボジョレー・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)はちょっと違います。もともと、渋みが控えめなため、少し冷やしたほうが、すっきりとした清涼感がきわだつのです。

また、特に定められた賞味期限はないようですが、一般的には、「解禁から2、3ヶ月以内が一番美味しく飲める」と言われているようですね。

さて、ボジョレー・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)に混じって、ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー(Beaujolais-Villages Nouveau)という名前のものが販売されているのをご存知でしょうか?“ヴィラージュ(Village)”はフランス語で“村”の意味です。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー(Beaujolais-Villages Nouveau)が指す“ヴィラージュ(Village)”は、ボジョレー地方の中でも法律で定められた特定の39の村(北部の村に位置するボジョレーヴィラージュ地区)のことであり、つまり、ボジョレー全体のぶどう畑の中のほんの一部、最上級のぶどうから造られる新酒なのです。普通のヌーボーよりワンランク高いことを意味しますが、値段はそこまで変わらないようですので、興味があれば飲み比べしてみても面白いかもれませんね。

ちなみに、時差の関係から、ボジョレー・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)生産国であるフランスより8時間の時差がある日本は、世界の中でもいち早く解禁となります。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

ここで、時差について少しお話ししますね。

フランスには、夏時間(日本との時差-8時間)4月~10月と、冬時間(日本との時差-7時間)11月~3月があります。夏時間は3月の最終日曜の深夜2時を深夜3時に時計を1時間進めます。そして、冬時間は10月の最終日曜の深夜3時を深夜2時に1時間時間を遅らせ元に戻します。フランスに行かれた方は感じたことと思いますが、夏時間と冬時間では、日照時間が極端に違いますね・・・。例えば、夏時間は22時頃でもまだ明るいですが、冬時間になると16時過ぎには日が暮れます。冬時間と夏時間の切り替えの時期にフランスへ行かれる方は、いつもより時間に注意が必要ですね。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

解禁日である今日、このブログをご覧下さっている皆さま、ワイン好きな方、そして普段あまりワインを飲まない方も、これをきっかけにワインコーナーを覗いてみると新たな発見があるかもしれませんね^^

それでは、また! A bientot!!

ペルメル講座

クリスマスペルメル講座のご案内

クリスマスペルメル講座のご案内

 

ジャルダン・フランセより皆さまに手芸講座第2弾のお知らせです。

11月と12月は当校にて「クリスマスペルメル講座」を開催いたします。

資格を持った講師と一緒に作品作りを楽しみましょう♪

クリスマスペルメル

 

*ペルメルとは…

ペルメルは厚紙を組み立てた箱におしゃれな布や紙を貼って作成するカルトナージュ手芸の一つ。ぺルメルはフランス語でpêle-mêle「いろいろな、ごちゃごちゃの、乱雑な」という意味があります。
綿をいれたボードにリボンを渡し、そのリボンに手紙やカードを差して実用的に、もしくは写真などのディスプレイとしても素敵に使えます。
フランスではいろいろなメモを「ごちゃごちゃと」挟んで実用的かつお洒落に使われていますよ。
キッチンではレシピを、玄関では写真を、リビングではインテリアの一部にも、ドレッサーではアクセサリーを飾ったり、使う場所によっていろいろな楽しみ方ができる、それがぺルメルの素晴らしさです。詳しくはコチラ

 

詳細は下記となります。

場  所:フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

日  時は下記よりお選び下さい。(ご都合が合わない場合はご相談下さいませ)

① 11月23日(水・祝) 午前10時~12時30分

② 11月27日(日曜日) 午前10時~12時30分

③ 12月4日 (日曜日) 午前10時~12時30分

定 員:6名

講座時間:約2時間30分(受付15分前)

持ち物:ハサミ(糸や綿をカットします)

*その他必要な道具、材料はこちらで用意いたします。

参加費:生徒さん料金 1,500円(込)/一般料金 1,800円(込)

クリスマスペルメル

~作品例(高さ約30cm×幅25cm)~

参加をご希望の場合は、お早目にお申込み下さいませ。

スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしております(^^♪

お申込みは当校にて直接または、こちらのページからお願いします。

パリ・フォト 2016(Paris Photo)

パリ・フォト 2016(Paris Photo)

Bonjour!!

今回は、パリ・フォト 2016(Paris Photo)についてです。

パリ・フォト 2016(Paris Photo)とは、毎年秋にパリで開催されるヨーロッパ最大の国際写真フェア。展覧会ではなく、写真作品・写真集等の販売を目的とする展示会(アートフェア)であり、ギャラリー、美術商、写真関係の出版社等が参加します。会場は以前のブログでもご紹介した、パリのグラン・パレ(Grand Palais)写真を見て思い出しましたか~?^^

57d7dd3ca42cacapture-d-e-cran-2016-09-13-a-13-03-14

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~会場グラン・パレ(Grand Palais)~

20回目を迎える今年は、11月10日~13日に開催されます。世界中から多数の写真ギャラリーの出展を予定していて、流行発信の場となっています。具体的には約20ヶ国のギャラリーや出版社が参加し、5万人(アーティストだけでおよそ2,500人)を超える人々が訪れています。

アーティスト、コレクター、プロ、アマチュアが一堂に会して、さまざまなプログラムや展示作品を見ることができます。写真関係者だけでなく、一般の写真ファンにとっても、世界における写真界の動向やトレンドを知る良い機会となっています。今年は20周年を祝う節目の年ですので、写真芸術の歴史からコンテンポラリーな作品まで、例年にも増して楽しめる場になりそうですね♪

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~会場内の一コマ~

そして、ちょうどこの時期は“パリ写真月間”と言い、パリ・フォト以外に美術館、図書館、ギャラリーなどで、およそ100の展示やイベントが開催されます。

例えば、ヨーロッパ写真美術館(Maison Europeenne de la Photographie)。パリ4区のセーヌ川近く、マレ地区にある写真専門の美術館。コレクションも欧州最大級。現代写真1万点以上を所蔵し、原題写真だけでなく、昔の雑誌や写真をもとにした「写真の歴史」の展示もあり、見ごたえ十分です。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~ヨーロッパ写真美術館(Maison Europeenne de la Photographie)~

さて、ここでパリの図書館(La bibliotheque)について幾つかご紹介しますね。

パリ市が運営する図書館は街のいろんな所で見つけることができますよ。目印はこのマーク。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

昔からの建造物がそのまま図書館になっていて、それぞれに魅力があります。本を借りるには図書カードを作る必要がありますが、入館自体は無料です。(図書館によって会員になる為や閲覧机を使用する為に届出が必要な場合もあります。)

また、特徴の一つとしては、専門の書籍を扱う図書館があることです。例えば、ファッションのみの書籍、警察の書籍、映画の書籍等々。

いくつかの図書館をご紹介しますね^^

・Bibliotheque de l’Hotel de Ville(BHdV) パリ市庁舎図書館

パリ市庁舎(4区)の隣にある図書館。社会学や歴史の著書を多く所蔵

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~Bibliotheque de l’Hotel de Ville(BHdV) パリ市庁舎図書館~

・Bibliotheque Forney フォルネ図書館

マレ地区(4区)にあるお城のような図書館。ファッションや広告、デザインに特化した書籍を所蔵

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~Bibliotheque Forney フォルネ図書館~

・Bibliotheque Historique de la Ville de Paris(BHVP)パリ市歴史図書館

マレ地区(4区)の中心にある歴史的図書館。古い写真や地図、図面などを所蔵

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~Bibliotheque Historique de la Ville de Paris(BHVP)パリ市歴史図書館~

・Bibliotheque Sainte-Genevieve サント・ジュヌヴィエーヴ図書館

大学や高校が集まる学問の街、カルチェラタン(5区)。パンテオンのすく隣にある大学付属の図書館

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~Bibliotheque Sainte-Genevieve サント・ジュヌヴィエーヴ図書館~

まるで、美術館を見学しているような気分♪

最初は入館するのにドキドキするかもしれませんが、同じような人たちも居るので、大丈夫ですよ^^

この他にもたくさんの図書館がありますので、もしご興味があれば目印を参考に立ち寄ってみて下さいね。

最後に、ジャルダン・フランセにもBibliothequeがあります~!

レッスンに加えて、ご自宅でもフランス語に触れる機会が増えるといいですね♪

DVDは一週間、その他は二週間のレンタルできますよ。詳しくはスタッフまで。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

それでは、また! A la prochaine !!

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

フランス語クイズ 第40弾

フランス語クイズ 第40弾

Quelle peinture célèbre pouvez-voir au musée du Louvre?

ルーヴル美術館ではどの有名な絵画を見ることができますか?

A : le Trocadéro / トロカデロ

B : La Joconde
 / モナ・リザ

C : la Montparnasse 
/ モンパルナス

D : les Invalides / アンヴァリッド

フランス語学校ジャルダン・フランセ

フランス語クイズ第40弾の答えと解説は、クイズ第41弾のブログにあります!

フランス語クイズ第39弾の答えと解説

(答え)C : le vendredi 25 mars/3月25日金曜日

解説:テキストで学習しましたね^^Aujourd’hui(今日)とDemain(明日)の単語を知っているとバッチリですね。

フランス語学校ジャルダン・フランセ

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

Cordes-sur-Ciel(コルド・シェル・シエル)

Cordes-sur-Ciel(コルド・シェル・シエル)

Bonjour!
先日生徒さんに、Toulouse(トゥルーズ)のお土産を頂きました。素敵なポストカードとお菓子
Toulouseといえば…クイズ第29弾で出てきた街ですね。別名“バラ色の街”と呼ばれています。

ポストカードには「天空の城ラピュタ」のモデルとも言われているCordes-sur-Ciel(コルド・シェル・シエル)のイラストが。

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

Cordes-sur-Ciel(コルド・シェル・シエル)は、Midi-Pyrenees(ミディ=ピレネ)地方に位置し、フランスの南部のトゥールーズから電車で約1時間のところに位置するAlbi(アルビ)にあります。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

南西フランスにある小さな村の一つCordes-sur-Ciel(コルド・シェル・シエル)。
その名前も「天空のコルド」という意味があり、向かいの丘から見渡す姿は名前通りの素晴らしい眺め。
小高い山の上にあり、最も高いところで標高約300m、低いところで約160mです。村の中に入ると、石畳の急な坂道沿いに石造りの家並みが続き、まるで中世にタイムスリップしたかのような雰囲気に包まれます。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

Albi(アルビ)についても少しお話ししたいと思います。ムーラン・ルージュなどのポスターで有名な画家Henri de Toulouse-Lautrec(アンリ・ド・トゥルーズ=ロートレック)の生まれ故郷として知られるこの地方。
フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

街は「アルビの司教都市」として2010年にユネスコ世界遺産に登録されています。主な対象は、①ベルビ宮殿②サント・セシル大聖堂③サン=サルヴィ参事会聖堂などの宗教建築と、旧市街の中世の街並み。

① ベルビ宮殿(Le Palais de la Berbie)について…
現在はトゥールーズ・ロートレック美術館(Musee Toulouse-Lautrec)となっているベルビ宮殿には「フランス風庭園」と言われるとても美しい庭があります。丁寧に剪定された低い庭木で模様が作られているので毎年庭全体の形に変化はありませんが、その内側に植えられる花が変わるので、年によって庭園の雰囲気が随分変わります。
余談ですが、“Palais”の単語、またもや登場しましたね!(Palaisについての以前のブログ)

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~フランス風庭園~

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~トゥールーズ・ロートレック美術館(Musee Toulouse-Lautrec)~

② サント・セシル大聖堂(La cathedrale Sainte-Cecile)について…
アルビの町を見下ろすように佇む大聖堂。レンガで覆われた典型的な南仏ゴシック様式の聖堂は1282年から1480年に掛けて建てられたもので、高さ78メートルの尖塔は町を見下ろすようにそびえています。レンガ造りではフランス最大の建物で、城塞のような独特の雰囲気にカトリック教会の威厳を感じることができます。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ~横から~

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ~正面から~

③ サン=サルヴィ参事会聖堂(La collegiale Saint-Salvi)について…
アルビで最も古い建物の一つで、聖サルヴィという6世紀に実在した人物の名前を冠しています。そこにある回廊は、1270年に建造が開始されました。フランス革命時に回廊や聖堂の一部は破壊されましたが、再び19世紀に教会として再利用されたそうです。現在は南回廊のみが残っています。
フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~幻想的な回廊~

中世、アルビは建築資材となる石がとれなかったため、建物は全てレンガで建てられたそうです。このような理由のため、オレンジ色のレンガと赤褐色の瓦が印象的な街で別名「赤い街」とも呼ばれているそうですよ。

素敵ですね☆このブログを通してフランスの魅力を少しでも感じて頂ければ幸いです^^
これからも、フランスの色々な事を発信していきますね。
それでは、また! A bientot!!

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

フランス語クイズ 第39弾

フランス語クイズ 第39弾

Aujourd’hui c’est le jeudi 24 mars. Demain c’est :

 

A : vendredi 25 mars

B : le mercredi 23 mars

C : le vendredi 25 mars

D : mercredi 23 mars

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

フランス語クイズ第38弾の答えと解説

(答え)D : Jean Dujardin / ジャン・デュジャルダン

2012年、ジャン・デュジャルダンが映画『アーティスト』でアカデミー賞主演男優賞を受賞。/C’est en 2012 que Jean Dujardin a remporté l’Oscar du meilleur acteur pour son interprétation dans le film “The Artist”.

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ