Posts

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

おすすめのフランス映画 第11弾

おすすめのフランス映画 11

 

Bonjour!!
今回は、おすすめのフランス映画 第11弾です。

 

アデル/ファラオと復活の秘薬』(原題: Les aventures extraordinaires d’Adèle Blanc-Sec )2010年のフランス映画

フランスの劇画家タルディによる人気コミックを映画化。エジプトの秘薬を手に入れるために奔走するヒロインの活躍を描くアドベンチャー大作。監督・脚本は「フィフス・エレメント」のリュック・ベッソン。主演は新星ルイーズ・ブルゴワン、共演に「潜水服は蝶の夢を見る」のマチュー・アマルリック。

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

あらすじ / synopsis

1911年、世界中の秘宝を集めるルポ・ライター、アデル・ブラン=セック(ルイーズ・ブルゴワン)は、不慮の事故で瀕死の状態にある双子の妹アガット(ロール・ド・クレルモン)を救うためにエジプト王家に伝わる“復活の秘薬”を手に入れようと、エジプトの砂漠を越えていた。アデルはラムセス2世に仕えたミイラを発見するが、黄金を横取りしようとする盗賊の襲撃を受ける。それをかわしたのもつかの間、いつも彼女の邪魔をするマッドサイエンティスト、デュールヴー(マチュー・アマルリック)によって石室に閉じ込められてしまう。アデルは隙をついて火を放ち、ミイラの石棺に滑り込んで脱出する。地下水脈に落ちた石棺は、ナイル川に辿り着く。そのころパリでは、謎の巨大な怪鳥が現われて人々を恐怖に陥れていた。メナール教授(フィリップ・ナオン)と助手のズボロフスキ(ニコラス・ジロー)は、博物館に展示されているジュラ紀に絶滅した翼竜プテロダクティルスの卵の化石が割れているのを発見する。メナールはカポニ警部(ジル・ルルーシュ)に、ジュラ紀の専門家エスペランデュー教授(ジャッキー・ネルセシアン)を紹介するが、エスペランデューこそ翼竜を蘇生した張本人だった。カポニはエスペランデューを逮捕する。政府は著名なハンター、サン=ユベール(ジャン・ポール・ルーヴ)を遠征先のアフリカから呼び戻し、翼竜掃討作戦を開始する。エジプトから帰還したアデルは、エスペランデューの事件を知る。すんでのところでギロチン台から救われたエスペランデューは、アデルが持ち帰ったミイラを蘇らせるが、そのミイラは医師ではなかった。しかしそのミイラは、パリで展示されているラムセス2世と従者たちのミイラの中に、ファラオの医師もいると教えてくれる。アデルは、すべての鍵が眠るルーヴル美術館に駆けつける。

引用:映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』(原題: Les aventures extraordinaires d’Adèle Blanc-Sec

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

妹を救うために、懸命に行動する姉アデルはとても頼もしかったです。特にアデルとミイラの場面が印象的でした。アデルは一体何者!?映画の舞台はフランスやエジプトなど、見ていてワクワクしました。

フランス語で映画~!?と少し引き気味になってしまうかと思いますが…一度試してみて下さい☆彡学校の図書コーナーでは、音声や字幕を日本語・フランス語・英語で切り替えることのできるDVDの貸出しをしていますので、安心してご自宅でご覧いただけます。映画のフランス語では、フランス人が使う表現や言い回しのいろんなパターンを知る事ができるのでおすすめです。気になったフレーズを講師との会話で是非使ってみて下さいね!サロンでどんどん話しましょう~(^^♪

ご自宅でもフランス語に触れる機会が増えるといいですね!図書コーナーにはDVD以外にもいろいろあります!

A bientot!またね~(^^♪

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

おすすめのフランス映画 第9弾

おすすめのフランス映画 9

 

Bonjour!!
今回は、おすすめのフランス映画 第9弾です。

 

『ココ・アヴァン・シャネル』(Coco avant Chanel) 2009年のフランス映画

 

可憐なオドレイ・トトゥ(『アメリ』、『プライスレス 素敵な恋の見つけ方』、『ダ・ヴィンチ・コード』)が、モード界の女王ココ・シャネルを力強く、見事に演じきる。若き日のココ・シャネルを演じた伝記映画。監督は「おとぼけオーギュスタン」のアンヌ・フォンティーヌ。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

あらすじ / synopsis

シャネルの成功の秘密、解禁。

もし翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすためにどんなことでもしなさい

田舎のナイトクラブからパリへ、そして世界へ──
コネクションも財産も教育もない孤児院育ちの少女が、
世界のシャネルになるまでの物語。
その小さな少女は、フランスの田舎にある孤児院に姉と一緒に入れられて、
毎週日曜、決して来ることのない父親の迎えをひたすら待ち続けた。
ナイトクラブの歌手になり、酔った兵士を相手にか細い声で歌い――
つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫う日々。
この小柄な若い愛人にエティエンヌ・バルサンが与えたのは、
退屈で退廃的な暮らしと安全な隠れ家。
恋に落ちた彼女。その想いに報いてくれたボーイ・カペルとの結婚さえかなわず、
自分が生涯、誰の妻にもならないことを知っていた。
反骨精神の持ち主。自分が生きる時代のしきたりを息苦しく感じた
彼女が身にまとってみせたのは、男性たちの服。
これは、ココ・シャネルの物語である。固い意志を秘めた孤児だった彼女は、並みの人間には想像できないような体験を重ねながら、やがて伝説のファッション・デザイナーとなる。その姿はまさに現代女性そのものであり、成功、自由、そしてスタイルの、時代を超えた象徴であった。

引用:映画『ココ・アヴァン・シャネル』(Coco avant Chanel

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

シャネルというと洋服やバッグなどの優雅なイメージですが、そんなイメージからは想像できない程の苦悩が続いたココの子供~青年時代が描かれています。

女性の権利が弱い時代でも、ココはまわりに流されず、自分を貫きます。
彼女らしく表現し続けるその姿はたくましく、同じ女性として勇気をもらえました。

特に印象に残った場面は、当時誰も試みなかった、男性の服装を取り入れてみたり、漁師を見てマリンボーダーを取り入れてみたり等、彼女のインスピレーションを感じることができる場面です。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

フランス語で映画~!?と少し引き気味になってしまうかと思いますが…一度試してみて下さい☆彡

学校の図書コーナーでは、音声や字幕は日仏で切り替えることもできるDVDをご用意しております。

そして、映画のフランス語では、普段のフランス人が使う表現や言い回しを知る事ができるのでおすすめです。

 

ご自宅でもフランス語に触れる機会が増えるといいですね(^^♪

おすすめのフランス映画 第8弾

おすすめのフランス映画 8

 

Bonjour!!
今回は、おすすめのフランス映画 第8弾です。

 

『ANGEL-A』アンジェラ 2005年 フランス

「グラン・ブルー」「レオン」のリュック・ベッソン監督が、99年の「ジャンヌ・ダルク」以来6年ぶりに自らメガフォンをとり、パリを舞台に全編モノクロ映像で撮り上げた異色のラブ・ストーリー。主演は「アメリ」のジャメル・ドゥブーズとスーパーモデルとしても活躍する「ファム・ファタール」のリー・ラスムッセン。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

あらすじ / synopsis

パリに暮らすアンドレはギャング絡みの借金が原因で48時間後には殺されてしまう運命に陥ってしまう。絶望してアレクサンドル三世橋からセーヌ河を見下ろすアンドレ。何も思い残すことはないと覚悟を決めた矢先、隣に現われた美女が、いきなり川に飛び込んだ。思いもよらぬ事態に、とっさにアンドレも後を追い無我夢中で彼女を助け出す。これがきっかけで、この絶世の美女アンジェラは、戸惑うアンドレをよそに、彼の後を付いて回るようになるのだった…。

引用:映画『ANGEL-A』アンジェラ

 

モノクロ映画が印象的でした。

アンドレの運命はアンジェラとの出会いによって一変します。

ずっと孤独だったアンドレにとって誰かと一緒に時間を過ごすことに慣れていませんが、そんなことおかまいなしにアンジェラはアンドレと共にぐいぐい行動します。

DVDの表紙の写真をみると男前なアンジェラと女っぽいアンドレが向かい合っていますね。

アンジェラは一体何者で、何のためにアンドレを助けるのか…

ストーリーの展開が面白かったです。

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

ご自宅でもフランス語に触れる機会が増えるといいですね(^^♪

当校の図書コーナーで貸出しています。(フランス語の音声や日本語の字幕も選択できます)

図書コーナーにはフランス語やフランスに関連する本やマンガ、試験対策テキスト、CD・DVDなどいろいろありますので、レッスンの前後に是非ご覧ください。

フランス語学校ジャルダン・フランセ

おすすめのフランス映画 第6弾

おすすめのフランス映画 第6弾

Bonjour!!
今回は、おすすめのフランス映画 第6弾です。

『美女と野獣』(原題:La Belle et la Bête

映画やアニメーションなどで世界中の人々に愛されてきた世界的に著名な小説を、『サイレントヒル』などのフランスの異才クリストフ・ガンズ監督が映画化。 『アデル、ブルーは熱い色』などのレア・セドゥがヒロインを演じ、野獣の姿をした王子の秘密に迫っていく。孤高の野獣を『ブラック・スワン』などのヴァン サン・カッセルが好演。美しくも切ない真実の愛の物語に胸が震える。

フランス語学校ジャルダン・フランセ

 

あらすじ / synopsis

都会の贅沢な暮らしに別れを告げ、田舎へと引っ越すことになったベル(レア・セドゥ)。裕福な商人だった父が、財宝を積んだ船を嵐で失い、破産したのだ。母亡き後、わがままに育てられた3人の兄と2人の姉は田舎暮らしに不満を募らせていたが、思いやりと勇気に満ちたベルは、家族が一緒なら幸せだった。やがて船が一隻だけ見つかったという知らせが入る。父は、喜び勇んで街へ駆けつけるが、それさえも借金のカタに奪われてしまう。失意の帰り道、吹雪に見舞われ死に瀕した彼は、森の奥にたたずむ古城を見つける。城に飛び込んだ彼が目にしたのは、宝飾品の山だった。主人の姿がみえない謎めいた城に命を助けられた商人は、ふと庭に愛しい末娘ベルが土産にと望んだ薔薇を見つける。思わず一輪手折った彼に、突然、黒く大きな影が襲い掛かる。「俺の一番大切なものを盗んだな、この恩知らず!」と怒りに燃えているのは、見るも恐ろしい野獣だった。野獣は薔薇の代償に商人の命を要求し、1日だけ猶予を与えるが、戻らなければ家族を順番に殺すと宣言する。帰宅して家族に一部始終を打ち明ける父。翌朝、意を決したベルは、「ママは私を産んで死んだ。私のせいでパパまで失いたくない」と、父が野獣に教えられた呪文を馬に囁く。すると、森の木々が道を開き、馬に乗ったベルは城へと導かれるのだった。用意されていたドレスに身を包み、ディナーの席に着くと、背後から野獣が忍び寄る。ベルは命を差し出し覚悟だったが、野獣が求めたのは、夜の7時に必ず食卓に着くことだけ…。横柄な態度で命令する野獣が、時折見せる悲しい瞳に、心を惹かれ始めるベル。いったい野獣は何者なのか?ついにその真相が明かされる時、ベルと野獣に思わぬ危険が迫る―。

引用:映画『美女と野獣』公式サイト http://beauty-beast.gaga.ne.jp/

 

フランス語学校ジャルダン・フランセ

 

ディズニーアニメの美女と野獣とはまた違う趣です。薔薇の蔦が絡まる廃城や野獣に最初は怯えますが、二人の関係は時間と共に少しずつ変わっていきます。そして、毎日用意されるドレスがすごく素敵♪ベルと野獣のダンスの場面が好きです^^少し物悲しい雰囲気の色や風景が心に残る映画だと思います。

当校の図書コーナーでもレンタルが出来ます☆ご興味のある方は是非!

(音声や字幕は、フランス語や日本語などの選択が可能です)

フランス語神戸三宮ジャルダンフランセ

おすすめのフランス映画 第一弾

おすすめのフランス映画 第一弾

フランス映画は独特で、難しいものが多い、どれから手をつけて良いか分からない、という声をよく耳にします。そこで誰にでも楽しんでもらえるであろう、ジャルダン・フランセ校長おすすめのフランス映画を今後少しづつ紹介していきたいと思います!

第一弾としては、フランスで知らない人はいないともいえる有名映画を紹介します。

『アメリ』(原題: Le Fabuleux Destin d’Amélie Poulain/アメリ・プーランの素晴らしい運命)

EPSON MFP image

フランス語を勉強している人はもちろん、フランスに関わりのない人でもこの映画を観たことのある人は多いでしょう。これは2001年4月にフランス、11月に日本で公開された映画で、国民的大ヒットを記録しました。

 

あらすじ/synopsis

空 想の中でひとり遊びをしていた少女アメリ・プーランは、そのまま大人になってモンマルトルのカフェ、“ドゥ・ムーラン”で働いている。彼女の好きなことは クレーム・ブリュレのカリカリの焼き目をスプーンで壊すこと、サンマルタン運河で水切りをすること、そして豆の入った袋に深く手を入れること。

ある日、アメリの人生で決定的な事件が起こる。バスルームの壁の中から見つかったのは、40年前その部屋の住人だった少年の宝箱だった。

アメリは奇跡が起こったかのような悪戯を仕掛けて、持ち主へと 返したのだった。そしてその男の人生を優しく希望に満ちたものへと変えてしまう。それはアメリにとっても人生の目的を発見したかのような事件となった。

彼女は、まわりの誰かを今より少しだけ幸せにする喜びを見つけたのだ。それ以来、順調に“幸せの悪戯”を続けてゆく。自分のことはさておき、カフェの同僚や父親への悪戯に夢中になるアメリ。しかし、スピード写真コレクターの不思議な青年ニノとの出会いでアメリの作戦はかき乱れてしまう。ニノのとろけるような 優しい笑顔にすっかり恋してしまうのだが、なかなか恋心を打ち明けることができない。アメリの最も苦手な現実との対決、不器用な恋に必要なのは、ほんの少 しの勇気・・・。

あらすじ引用: シネコヤ http://cinekoya.com/pg111.html

 

80944156-s

事前になんの情報もなければ、理解できない部分もでてくる映画ですので、このあらすじを読んでイメージを膨らませてから、観てみてください!

個人的には最初観たときと2回目では、かなり印象が違った映画で、すでにアメリ・ワールドを体験したことのある人もぜひもう一度観賞してみてはいかがでしょうか?そして、かわいい主人公アメリ役のAudrey Tautouに癒されてください(*^-^*)