Posts

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

Tarte au citron(レモンタルト)

Tarte au citron(レモンタルト)

 

Bonjour!!

 

今回は、Tarte au citron(レモンタルト)をご紹介します。

フランスでも根強い人気の、タルト・オ・シトロンには、レモンクリームのみのものと、メレンゲがのっているものがあります(^^♪

 

【Tarte(タルト)】

タルトは、フランスを代表するお菓子ですね。元々は、古代ローマにあった「トールタ(toyta)」というお菓子に由来していて、ジャムやクリームなどを食べるときにそのままでは食べにくいので、平たい丸い器に入れて焼いて食べるという方法が元になっているそう。後に、ビスケットのような生地やパイ生地で型をつくり、その中に季節のフルーツやクリームを詰め込んで作る現在のスタイルとなりました。日本でもお馴染みですね!皆さまはどんなタルトが好きですか?

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

【Tarte au citron(レモンタルト)のレシピ】

⇒材料

・パイシート(タルト生地)1枚

・レモン 3個

・砂糖  200g

・バター 100g

・卵   3個

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

⇒作り方

1.レモン3個分の果汁、レモンの皮1個分、バター・砂糖・卵を鍋に入れて沸騰させます。

2.オーブンを180度に予熱しておきます。

3.パイシート・タルト生地を敷き、1.を流し入れます。

4.オーブンで約1時間程焼きます。

5.冷蔵庫で一晩置いて、出来上がり(^^♪(お好みで、タルトにメレンゲをのせてみると見た目も可愛い)

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

A table !(^^) !

レモンタルトは、さっぱりとしたデザートが食べたくなった時にはピッタリ!コーヒーや紅茶との相性もバッチリですよ。“レモン”といえば、以前にブログで紹介した、「マントンのレモン祭り」が有名ですね。

 

こんなタルトも(^^♪「アルザス地方のTarte a Rhubarbe(ルバーブのタルト)」

Rhubarbe(ルバーブ)は、ヨーロッパでは、タルトやジャムや料理によく登場する野菜です。日本ではまだあまり知られていませんね。フランスでは4月頃から(日本では5月頃から)収穫され始めます。日本の巨大なフキのような容貌、50cmもある大きな葉に、赤緑色の太い茎生食では食べられないけど、茎(約5cm)には酸味があり、お菓子との相性が抜群なのです。美容にもよく、身体の調子を整える効果もありますよ。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~ルバーブといちごのタルト~

これからも、ご自身でも作れるようなフランス家庭料理のレシピをブログでご紹介していきます♪

皆さんの、お気に入りのレシピがありましたら、教えて下さいね☆ 次回のブログもお楽しみに☆彡 A bientot

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

Croquet-monsieur(クロックムッシュ) &Croquet-madame(クロックマダム)

Croquet-monsieur(クロックムッシュ) &Croquet-madame(クロックマダム)

 

Bonjour!!

 

今回は、Croquet-monsieur(クロックムッシュ) &Croquet-madame(クロックマダム)をご紹介します。

両方ともサンドイッチをトーストしたものです。フランスのカフェの定番メニューです。

手軽な材料で簡単に作れますよ~♪

Croquet-monsieur(クロックムッシュ) の上面に目玉焼きをのせたものが、Croquet-madame(クロックマダム)です。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ フランス語会話学校ジャルダン・フランセフランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

レシピ

 

⇒材料(1人分)

・食パン 2枚

・ハム  1枚

・ホワイトソース適量

・ピザ用チーズ適量

・卵   1個(クロックマダム用)

⇒作り方

  1. 食パンにホワイトソースを塗り、ハムとチーズをのせます。その上に、もう一度ホワイトソースを塗って食パンで挟みます。
  2. 挟んだ食パンの上にもホワイトソースを塗ります。(クロックマダムの場合は、真ん中に卵を落として卵黄の周りにチーズをのせてね。)

3.トースターで3~4分ほど、チーズが溶けるまで焼いたら出来上がり~!

フランス語会話学校ジャルダン・フランセフランス語会話学校ジャルダン・フランセフランス語会話学校ジャルダン・フランセ

A table !(^^) !

 

いかがですか?

これからも、ご自身でも作れるようなフランス家庭料理のレシピをブログでご紹介していきます♪皆さんの、お気に入りのレシピがありましたら、教えて下さいね☆

夏には、爽やかな飲み物と一緒にどうぞ♪Menthe à l’eau(マンタロー)は、ミント味の爽やかなシロップを水で割ったり、炭酸水で割った飲み物です。鮮やかな緑色が特徴です。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

次回のブログもお楽しみに☆彡 A bientot

Flammekueche(フラムキッシュ)

Flammekueche(フラムキッシュ)

 

Bonjour!!

 

今回は、アルザス地方の郷土料理、玉ねぎとベーコンのクリームピザをご紹介します。

アルザス語で「フラムクーヘ(Flammekueche)」、フランス語で「タルト・フランベ(tarte flambée)」と言います。簡単に作れますよ♪

 

フランスの北東部、スイスとドイツの国境沿いに位置するアルザス地方は、ヨーロッパの中心という恵まれた場所にあります。ライン川人文主義の十字路であり、ヨーロッパの首都と呼ばれるストラスブールは、様々な文化が入り混じり激動の歴史に揺れるアルザス地方を象徴する町です。長さ190㎞、幅50㎞と、アルザス地方は、フランスで最も小さな地方です。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

また、欧州の中心都市とも言われるストラスブールは、魅力的な街並みと、豊富な文化、芸術が結集した都市です。ストラスブールの中心市街地は、世界遺産に登録されており、石畳の路地と活気あふれる町が訪れる人たちを迎えてくれます。千年もの歴史を持つピンク色の砂岩で作られた大聖堂はおすすめの観光スポットです。

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~ストラスブール大聖堂~

Flammekueche(フラムキッシュ)のレシピ

⇒材料(4人分)

・パン生地 250g(小麦粉で250g作る生地)

・玉ねぎ 大2個

・ベーコン微塵切り 100g程度お好みで調整

・生クリーム 150g

・フロマージュブラン 150g

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

⇒作り方

  • 少量の油(+オリーブ油又は好みでバター)ベーコンを炒め油が出てきたら玉ねぎを透き通るまで炒める。
  • 生クリームフロマージュブランを混ぜ1の具を混ぜパン生地の上に載せ250度のオーブンで15分程度。

完成~ !(^^) !

いかがですか?これからも、ご自身でも作れるようなフランス家庭料理のレシピをブログでご紹介していきます♪皆さんの、お気に入りのレシピがありましたら、教えて下さいね☆

最後に、アルザスといえば、クリスマスマーケットも有名です。

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

クリスマスの4週間前の待降節を迎えると、町や村がみんなお祭りムードでいっぱいになります。文化的にドイツの影響の強いアルザス地方では、コルマールをはじめ40以上の村でクスリマスマーケットが開かれ、沢山の観光客が訪れます。ただでさえかわいらしいアルザスの村の家々が、玄関や窓辺をクスリマスの飾りで飾り立て、村全体がクリスマス・デコレーションのミュージアムのようになります。イルミネーションが点る夜の村は、まるでおとぎの国のよう♪ホットワインを飲みながら、マーケット巡りはいかがでしょうか?(^^)

次回のブログもお楽しみに☆彡 A bientot

ピエモンテ風サラダ(Salade Piemontaise)

ピエモンテ風サラダ(Salade Piemontaise)

 

Bonjour!!

 

今回はフランスの総菜屋やスーパなどでは必ず見かける、定番のポテトサラダです(^^♪

ご紹介するレシピは、王道の材料となりますので、お好みで具材を追加してみて下さいね。

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~盛り付け例~

⇒材料(4人分)

・じゃがいも 600g

・トマト   400g

・ゆで卵   3個

・ハム    200g

・ピクルス  8個(大き目)

・パセリ   適量

・マヨネーズ 150g

・塩コショウ 適量

・ワインビネガー白 大さじ1

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

⇒作り方

1、ジャガイモは茹でて皮をむき、1.5cm程度のサイコロ型に切って冷ます。

2、トマト、ハム、ピクルスをジャガイモの様にサイコロ状に切る。

3、卵を茹で、8等分に切る。

4、切った具材全てを、大き目のサラダボールに入れ、パセリ、マヨネーズ、塩コショウとワインビネガーを加えて混ぜ合わせる。

5、冷蔵庫に入れて2時間程度寝かせる。

完成~ !(^^) !

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ~スーパーではこんな感じで売られています~

 

いかがですか?前菜にも、料理の付け合わせにも、パンと一緒に召し上がっても美味しいです。お弁当にもピッタリ! 使い道が多く、便利な一品ですね。

お料理がお好きな方、日本語やフランス語のレシピを見比べてみると、単語など覚えやすいかと思います(^^♪

参考に、フランスの料理サイト⇒http://www.marmiton.org/

これからも、ご自身でも作れるようなフランス家庭料理のレシピをブログでご紹介していきます♪皆さんの、お気に入りのレシピがありましたら、教えて下さいね☆

A bientot!! またね~!

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

ひよこ豆のスープ(Soupe de pois chiches)

ひよこ豆のスープ(Soupe de pois chiches)

Bonjour!!

今回は南フランスの冬の味覚。ひよこ豆のスープ(Soupe de pois chiches)をご紹介します。

“ひよこ豆”を食べたことがありますか?日本ではあまり馴染みがないかもしれませんね。

“ひよこ豆”は、インドから北アフリカにかけて主要穀物のひとつとして広く食べられてきました。

栄養価が高く、保存の効く主食のひとつとして、フランスでは毎日の生活にはなくてはならない食品のひとつです。パリなど、北の方では丸のままゆでたものをよくサラダに入れて食べますが、どちらかというと北アフリカやインドを連想させる「エキゾチックな食べ物」というイメージがあります。しかし、南仏の地中海に面した地域になると、さまざまな形で日常的に食べられているのです。

そんな、“ひよこ豆”を使ったスープを作ってみましょう♪

ひよこ豆の缶詰が手に入るようでしたら、すぐに使えるので便利です。乾燥ひよこ豆の場合は、一晩水につけ、戻して使います。日本のスーパーだと、缶詰で売っていることが多いようです。

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

ここで気になる、安価&美味そして栄養価抜群といわれている“ひよこ豆”の効果についてですが…

便秘解消、むくみ予防、骨を丈夫にする効果などが期待できると言われていますよ^^

 

⇒材料

・ひよこ豆 500g

・にんじん 1本

・セロリ お好みで適量

・トマト 1個

・塩コショウ

・コンソメ

・オリーブオイル 少量

 

⇒作り方

1、缶詰のひよこ豆を使う場合…大き目の鍋に水を入れて、火にかける。(乾燥ひよこ豆を使う場合…ボールに水と塩を入れた中に入れて、一晩置いた後で、水洗いし火にかけます。)

2、鍋の豆に8割火が通ったら、適当なサイズに切った、野菜(にんじん・セロリ・トマト)、コンソ メ、オリーブオイルを少量入れ、更に煮る。

3、塩コショウを少々入れる。野菜がドロっと柔らかくなったら完成~!

 

 

いかがですか?ひよこ豆がホクホクして、寒い日には温まりますね(^^)

 

スープの他に、ひよこ豆を使っていろいろ料理できますよ♪ 例えば…

・ひよこ豆カレー(いつものカレーに入れるだけ)

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

・ひよこ豆のコロッケ(煮たひよこ豆をつぶし、いつもの具材と混ぜて)

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

自分だけのオリジナルメニューを作ってみてはいかがでしょうか?

これからも、ご自身でも作れるようなフランス家庭料理のレシピをブログでご紹介していきます♪

皆さんの、おすすめのレシピがありましたら、是非教えて下さいね☆

 

それでは、また! A bientot!

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

クレープの日(La chandeleur)

クレープの日(La chandeleur)

 

今回は、クレープの日(La chandeleur)についてです。

フランスでは、毎年2月2日に、クレープを焼いて食べる習慣があります。

La chandeleur(ラ・シャンドゥレール)と呼ばれるこの日は、「聖母お清めの祝日」というキリスト教徒の祝日で、Chandelle(ろうそく)という言葉が起源だそうです。

キリストが生まれてから40日後、母のマリアは司祭と賢人たちに息子を見せるために神殿に行きました。お清めの儀式が行われ、幼子イエスがはじめて神の子として聖壇の前に姿を現した日でもあります。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

なぜ、Chandelle(ろうそく)?

マリアさまがお清めの儀式を受けている間、人々が一晩中ずっとろうそくを手に見守っていたことに由来していると云われています。また、ヨーローッパにおいて、ろうろくは希望の光、また太陽の象徴だと云われていました。その年の豊作をお祝いして、また翌年の豊穣を願って、ろうそくを持って行進する習慣が古来よりありました。それが、ラテン語のcandelorum(ロウソクのお祝い、お祭り)の語源です。この言葉が、のちにフランス語のchandeleurになります。幼子イエスの誕生を=希望の光に、またマリアさまを夜通し見守った人々のロウソクの灯り=祝福、この両方の意味が込められて生まれたことばです。今でも、教会ではロウソクのあかりが灯され続けていますね。

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

なぜ、クレープ?

キリストと大きな繋がりを持つ光、その黄金色は太陽をも意味し、その丸い形は幸運の再来を意味するものでもありました。そのため、黄金色で円盤状のクレープを食べるようになったと言われています。

フランスの家庭では、クレープを焼くときに、左手にコインを握って、右手でクレープを高くひっくり返すという習慣もあります。うまくフライパンで受け取れれば、その年は幸運に恵まれるそうですよ☆彡

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

クレープの日(La chandeleur)にはこのような由来があったのですね。

今年の2月2日は、フランス人気分で、黄金色のクレープを焼いてみてはいかがでしょうか?
ここで、簡単なレシピをご紹介しますね(^^♪

【クレープレシピ】

~ 材 料 ~(約15枚分)

薄力粉 300グラム

卵    3個

砂糖  大さじ3杯

溶かしバター 50グラム

牛乳カップ 500ml

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~グラニュー糖でシンプルに~

~ 作 り 方 ~

1、ボールに薄力粉を入れる

2、卵と砂糖と塩を加える。

3、牛乳を少しずつ加え、泡立て器でだまにならないようによく混ぜる。

4、溶かしバターを加える。

5、生地を30分~1時間寝かせる。

6、この生地を熱したフライパンにバターを敷いて薄く焼く。

完成~(^^)/

味付けはシンプルにグラニュー糖を振るだけ、または定番チョコ味“ヌテラ(Nutella)”もとっても美味しいので、何枚でもペロリと食べれちゃいます。

フランスのスーパーでは、ビッグサイズ5kg入り!も売られていて、ヌテラ(Nutella)の人気ぶりがうかがえますね♪

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~日本でも、スーパーで見かけることもありますね~

甘~いクレープを食べながら、フランス語の宿題頑張りましょう♪

それでは、また今度! A  la prochaine!!

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

プロヴァンス風トマト(Tomates à la provençale)

 プロヴァンス風トマト(Tomates à la provençale

Bonjour!!

お盆を過ぎても、まだ暑い日が続いていますね。皆さんは夏バテされていませんか?そんな時は、カラフルな旬の野菜で美味しくエネルギーを補給しましょう♪

今回はプロヴァンス地方で古くから愛される家庭料理のレシピ:プロヴァンス風トマト(Tomates à la provençale)をご紹介します。調理方法も簡単!下準備をしたらオーブンで焼くだけです。

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

⇒材料(4人分)

・完熟トマト 6個

・パセリ

・オリーブオイル

・パン粉 50g

・にんにく 4個

・塩とコショウ

⇒作り方

1、トマトは半分に切り、オリーブオイルをかけておく。

2、オリーブオイルのかけたトマトの上に、塩、こしょうを振る。

3、にんにく、パセリをみじん切りにしてパン粉と混ぜる。

4、トマトの中に3の混ぜたものをのせる。

5、180度のオーブンで約30分焼く。

完成~ !(^^) !

 

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

お肉やお魚のサイドディッシュにもピッタリ!皆さんも試してみて下さいね。

これからも、ご自身でも作れるようなフランス家庭料理のレシピを当校のブログでご紹介していく予定です。

皆さんの、おすすめの料理等などありましたら、是非教えて下さいね☆

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

ニース風サラダ (La salade nicoise)

ニース風サラダ (La salade nicoise)

Bonjour!!

今回はフランス家庭料理のレシピをご紹介したいと思います。

南フランス、コートダジュールの太陽の味ともいわれるニース風サラダ♪

名前だけでも、爽やかな気分になれるのは、私だけしょうか?^^

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

~材料(2人分)~

・サラダ野菜(レタスなど) 1〜2 枚

・トマト 1個

・ゆで卵 2 個

・アンチョビ 30 g

・ブラックオリーブ 6 個

・ (お好みで)ツナ、茹さやいんげん、茹ジャガイモ、パプリカなど

 

・オリーブオイル 大さじ 2

・レモン汁 大さじ 3

・塩 小さじ 1/2

・黒こしょう(粗挽き) 少々

~作り方~

1.レタスは食べやすく切る。トマト、ゆで卵は食べやすいサイズに切る。アンチョビは半分に切る(お好みで茹ジャガイモ、茹いんげん等をのせてもOK)。

2.皿に1 とツナ、オリーブを盛り、合わせたA のドレッシングをまわしかけ、こしょうをふる。

出来上がり~!(^^)!

フランス語会話学校ジャルダン・フランセ

 

お好みの具材を追加してもOK!これからの季節にピッタリですね。

ご自身でも作れるようなフランス家庭料理のレシピを当校のブログでご紹介していく予定です!

皆さんの、おすすめのレシピがありましたら、是非教えて下さいね☆