フランス語神戸三宮ジャルダンフランセ

食べても塗っても魅力的なエスカルゴ

食べても塗っても魅力的なエスカルゴ

かたつむりといえば日本では虫の一種であるというイメージが強いですよね。

近年では某イタリアンチェーンレストランなどで気軽に食べられるようになり、身近に感じられる人も増えたかと思いますが、そのかたつむりもフランスに行けば格の高い食材として扱われます。

エスカルゴはブルゴーニュが名産ですが、現在では天然のエスカルゴはほとんどいなくなってしまいました。

map-bourgogne

希少価値の高いポマティアという名前のブルゴーニュ種のエスカルゴを育てることは非常に難しく、他の養殖のものと比べると期間も数倍かかるといいます。そんなポマティアの養殖を世界で初めて成功させた企業が日本の三重県にあります!三重の松坂にあるエスカルゴ牧場は、自然成長だと3年かかるポマティアを独自の技術で約4か月で育てることができるそうです。そこでは、完全予約制ではあるものの、ポマティアを使ったフルコースも味わえることができます。行ってみたい!!

top

フランスでの養殖はというと

エリクス・マキシマ・アスペルサ(通称:Gros gris/グロ・グリ、大きい灰色のもの)

エリクス・アスペルサ(通称:Petit gris/プチ・グリ、小さい灰色のもの)

の2種類が主で、本物のエスカルゴは天然のエスカルゴ・ドゥ・ブルゴーニュのみです。

一般的にプチ・グリは内臓ごと食べることができ、グロ・グリより身が硬いといわれています。

エスカルゴの粘液は非常に強い再生能力を持っており、火傷をしたときにも使われることがあるとか。その効果を利用し、日本でもカタツムリの粘液が入った基礎化粧品が販売されていますよね。決してお手頃とはいえませんが・・・

エスカルゴクリーム

このようにエスカルゴは食べても美味しい、化粧品としても効果の高い、魅力的な生き物なのです(*^-^*)

 

フランス語神戸三宮ジャルダンフランセ

シャンパンとスパークリングワイン

シャンパンとスパークリングワイン

みなさんはシャンパンとスパークリングワインが同じものであるということを知っていましたか?私は最近知りました・・・

フランス・シャンパーニュ地方で造られたスパークリングワインのみがシャンパンと呼ばれます。

Paris_Champagne

シャンパンの特徴としては様々なワインを調合して造られることにあります。

たまにシャンパンが飲みたくなってデパートに探しに行くと、価格がさまざまで驚かされます。この違いはなんなのか?もちろんブランドの違いもありますが、ぶどうの種類や造られた畑の違いによって価格が異なってきます。

モノクリュ/Mono cru 特別な単一畑のぶどうのみで造られたシャンパン

モノセパージュ/Mono cépage 特別な1種類のぶどうのみで造ったシャンパン

キュベプレスティージュ/Cuvée prestigieuse よりすぐりのぶどうのみで造ったシャンパン

ヴィンテージ(ミレジメ)/Vintage(millésime) 同年のぶどうのみで造るシャンパン

ノンヴィンテージ/non vintage 複数の畑や品種、複数年のワインで造られた一般的なシャンパン

一般的にモノクリュとモノセパージュが一番質の良いものとされますが、キュベプレスティージュも最高の畑で作られたぶどうの中でも、出来の良い年に収穫したものだけで造られる特別なシャンパンです。とても質の良いぶどうが出来た年にはその年のぶどうだけで造られるヴィンテージがあり、ヴィンテージのシャンパンには収穫された年がボトルに明記されています。そして、基本的なシャンパンはノンヴィンテージと呼ばれます。

レベルを見てすぐに分かるというものではないので、店員さんに聞いて買ってみるのも良いかもしれませんね。

Grand cruと記載されているボトルをデパートなどで見かけますが、一番等級の良い村で生産された証なので、それを目安に手に取ってみるのもおススメです!

今後もときどきシャンパンについての情報を発信していこうと思いますので、ぜひご覧ください(^^♪

3151000100568

フランス語神戸三宮ジャルダンフランセ

古城めぐりが魅力的なロワール地方

古城めぐりが魅力的なロワール地方

はじめまして!今年の3月からジャルダンフランセでアシスタントとして働いていますNatsukiです。

私がフランス語に出会ったのは中学1年生のときで、通っていた中学校では必須科目でした。もちろん英語の比率が圧倒的に高く、フランス語の授業では語学をやっているというよりも文化を学んでいたと言った方が正しいかもしれません。英語も好きだったのですが、その頃からフランス語を聞いている方が心地よいなぁ(何を言っているか全く理解できなくても)と感じていました。大学での専門は経営学なのですが、フランス留学も視野に入れていたので、初修外国語としてフランス語を選択しました。

2012年8月からパリからTGVで1時間ほど南西にあるロワール地方・トゥールという街のビジネススクールに約10か月間留学し、フランス人とともにマーケティングや会計学の勉強をしました。日本の大学でフランス語を週3コマほど受講していたとはいえ、フランス人学生に向けた授業はほとんど聞き取れませんでした。幸いにもその学校で友達になったフランス人たちが家で補講授業のようなものをしてくれたおかげで、ある程度の単位を取得して帰国することができました。これからフランス留学に行こうと思っている人や少しでも興味がある人はぜひお話ししましょう!アドバイスできることはないかもしれませんが、あるかもしれません(笑)

Hotel-de-ville-copie-1

そこで今回は私が住んでいたトゥールとその周辺にある古城を少し紹介したいと思います。トゥールの街は非常にきれいで商業の中心地は比較的新しいのですが、旧市街地に足を踏み入れると建物や地面から歴史が感じられます。街自体の大きさはそんなに広くなく、1日もあれば十分観光できます。できたばかりのトラムに乗って移動するのもおススメです。またトゥールは最も美しいフランス語を話す街とも言われ、なまりも全くなく語学留学するなら最適かもしれません。しかし、トゥールの魅力はなんといっても古城めぐりがしやすいこと!古城めぐりの半日ツアーや1日ツアーが毎日行われていて、私も留学していたときに何回か利用しました。どのお城もすごくきれいでそれぞれ違った特徴を持っているので、観光で訪れた際はぜひ出来るだけ多くのお城めぐりをしてみてください。特におススメのお城は、シュノンソー城(Chenonceau)とユセ城(Ussé)です。シュノンソーはシェール川の上に建てられているのが特徴的で、中に入ってみても部屋がたくさんあり見どころ満載です。ユセ城は「眠りの森の美女」の舞台になったともいわれるお城で、私が訪れたときにはバラが咲いていてまさにイメージしていた通り、いやそれ以上の素敵さだったかもしれません。

詳しくはジャルダンフランセに置いてある“CHATEAUX DE LA LOIRE”という本を見ていただくと、ロワール地方の古城に関する情報がいっぱいGETできます。ぜひ目を通してみてくださいね!

chenonceauchateau_dusse